TKU logo About TKU title ::: サイトマップ|校内統計|ホーム
slogan
back to TKU homepage

:::content

safe campus

safe campus

「国家品質獎」獲得

本学は国内で最も早く全面的品質管理TQMを導入した大学です。1992年、創立者張建邦博士がTQMを導入し、淡江管理モデルの機能的な運用をはじめ、教育、研究、社会貢献、学生カウンセリングの質を高めることに成功しました。本学のTQM実施の歩みは、導入期(1993年~1995年)、揺籃期(1995年~1998年)、成長期(1998年~2001年)、発展期(2001年~)の4段階に分けて捉えることができます。2006年からは、「淡江品質獎」を設け、学内各部署がTQMを積極的効果的に推進することを奨励しています。この他、質の重視を実際の行動で具体的に示すことで、また「淡江クオリティハウス」にモデル化して描かれている、淡江の使命、ビジョン、価値観、ストラテジー、ガバナンスの5項目の理念は、淡江に関わる者すべてが共有し参与することで、本学は永続的な発展を図ることができるのです。本学は、「国家品質獎」選定に過去3度挑戦しましたが、全学のスタッフが「改善の持続、更なる成長」をと全力で努力を続けてきた結果、ついに中華民国第19回国家品質獎を受賞することができたのです。大学を取り巻く今後の情況を展望し、本学は、「学習者の満足度を高めるべく、最新のコンピュータ管理システムを導入し、高等教育のTQMの模範となること」、「すべての管理システムを常に見直していくことで、TQMの模範であり続けること」、「常にコース設計の活性化を図ることで、学習者の多様な要求に対応していくこと」、また「卒業生の社会的リソースを有機的に生かし、企業に高く評価され、名実共に卓越した影響力を打ち立てていけるようにすること」にこれからも努力を重ねていきます。そして、本学の取り組みを参考にして各大学がTQMを推進し、それが高等教育の質の向上につながっていくことが、本学の更なる栄誉になるのです。

 

honor

honor

企業に選ばれる大学

雑誌『Cheers』が実施している「台湾大企業2000社人材戦略・大学生評価」において、本学は18年連続で私学のトップにランキングされています。本学の卒業生は、その評価基準8項目-学習意欲・忍耐力、プレッシャー対応力、専門的知識・技術、チームワーク精神、問題解決能力、国際感覚・外国語能力、クリエイティブ力、総合的実務能力-の全項目で私学のトップ、チームワーク精神およびプレッシャー対応力はトップクラスの国立大学を凌いでおり、競争の激しい就職市場で高い競争力を維持してきています。本学の学生は、入学時は高いレベルになくとも在学中の学びの積み重ねにより、卒業時には企業に望まれる人材となっていくのです。人材育成に力を注ぐなかで積み重ねてきた経験が生かされているのです。本学の「三環五育」の人材育成の本質は、「三環」-専門分野、一般教養、課外活動、「五育」-徳・智・體・群・美(徳育・知育・体育・人間関係・芸術教育)のすべてを大切にし、バランスよく育んでいくということにあります。また、グローバルな視点、未来に対する洞察力、情報処理運用能力、品性・倫理観、独立的思考力、ロハス(LOHAS)、チームワーク力・協調性、芸術的教養等を八大基本修養項目と考え、それらを育むことを教育の基本に置いています。また、企業に選ばれる人材輩出の鍵はやはり「リーダーシップ能力」であると考え、企業で用いられている人材育成教材をコンパクトに再編集したものを指導に用い、学生たちにコミュニケーション能力とリーダーシップ能力の大切さを伝えようとしています。このように、本学はこれからも社会的責任を果たし、企業に期待される人材の育成に努力を続けていきます。

 

honor

国際セイフティスクールの認証取得

よりよい環境のキャンパスづくりを目指して整備を続けてきている本学は、その一環として、「キャンパスのバリアフリー化」に取り組んできましたが、それはすべての学生にとって快適なキャンパスにしていくことにつながります。長年にわたり「健康的で安全なキャンパス」整備を積極的に推し進めてきた成果はさまざまなところに表れています。そして、本学は国際セーフティスクールの七大検討課題にしたがってキャンパス環境をあらためて見直し、更なる施設整備と安全をテーマに各種検討委員会を設けました。安全に関する各テーマについては、本学が計画を主動し、地元自治体および地域住民の代表と協力しつつ作業を進めました。安全に関する各計画はすべて具体化できる可能性が見出されていますが、長期的に取り組みを続けていく必要があります。また、心身の障碍、性別、環境条件、その他あらゆる情況を鑑みて、「危険度の高いもの」および「事故が起こりやすい学内また周辺の環境」をまず対象として改善を進めてきました。さらに、ネット上での統計処理を可能にするシステムを構築し、各事故の発生原因、発生場所、発生頻度について詳細な記録をつけ、整理、分析を進めました。そして、計画実行の過程と改善効果について評価を重ねていきました。このようにして、積極的に学内および地域の安全に関わる活動を進めてきたのです。そして、2008年及び2012年に、本学はWHO世界保健機関の「国際セーフティスクール」の認証・最認証を受けました。これは、大学としては世界で初めてのことです。

 

honor

honor

評価実績および栄誉

  1. 教育部「総合私立大学中期運営発展計画」評価において、本学は多年にわたり高評価を獲得している。1998学年度には総合評価第1位を獲得。1999学年度には、審査項目を「優」に値するレベルに達しているか否かで評価する方式に変更されたが、本学は「計画およびその進捗状況」、「教育および学生生活指導」、「研究」、「対外教育」、「行政」、「財務」の6項目の審査において、すべて「優」を獲得。2000~2002学年度においても、4~5項目で「優」を獲得している。
  2. 教育部の委託を受け台湾評価協会が実施した、これまでで最大規模の2003学年度「大学運営評価」において、本学は「人文・芸術・スポーツ」、「社会科学(教育学を含む)」、「自然科学」および「工学」の研究教育4部門において私立大学の部第1位を獲得。そして、「教育基盤」、「国際化推進度」、「社会人教育」、「学生生活指導およびサービス」、「一般教養教育」、「業務効率化」の学校事務評価6部門において最高評価を受けた。評価を受けた全国76大学中、全項目にわたり「良好」との結果を得たのは、唯一本学だけであった。
  3. 行政院研究発展考核委員会「92(2003)年度英語教育環境整備実施計画評価」において、本学は最高評価を獲得、参加大学のなかで第1位となった。
  4. 雑誌『天下』および『Cheers』-「全国大企業三千社大卒者評価」調査において、16年連続私立大学の第1位にランキングされている。
  5. 本学の電機学科の教員・学生は国内外の多くのロボットサッカー大会に参加し輝かしい結果を出してきている。2003年、2006年、2007年、2008年、2009年、2010年、2011年、2012年、2013年及び2014年に「FIRA世界ロボットサッカー大会:RoboSot (中型ロボット)リーグで優勝。また、2007年、2008年、2009年、2011年、2012年、2013年及び2014年に「FIRA世界ロボットサッカー大会:HuroCup(二足歩行ロボット)リーグ」で優勝。
  6. 本学図書館情報学科製作の「台湾遊民読書愛好家と図書館サービスの現状」が、2006年、IFRA(International Federation of Library Associations)年次大会ポスター発表で第1位を獲得。台湾から参加した団体として初のことであった。
  7. 2001年、『デジタル・ビジネス・ウィークリー』-「大学デジタル環境整備調査」において、本学は「インフラ整備」、「学生へのサービス」および「図書館整備」等の各項目のバランスのとれた充実度が評価され、全国第1位を獲得、「デジタル天国」の称号を得た。
  8. 1999-2000年教育部「教員養成機関訪問評価」において、本学小学校教員養成課程が「特優」の評価を獲得。 その評価は満点に近いものであり、小学校教員養成課程を設けている全大学中「特優」の評価を得たのは本学のみであった。 また、2005学年度教員養成センター評価において、本学は中等教育および初等教育過程が1級を獲得した。
  9. 30年余りにわたる「未来学」に対する本学の貢献が評価され、世界未来学研究会による「1999年度世界最優秀未来学教育機関」に選出される。
  10. 本学「蘭陽キャンパス総合整備第1期建設工事」が2007年10月5日、内政部のグリーン建築の認定を受けた。また、行政院第5回優良グリーン建築作品を獲得、同年12月22日に表彰を受けた。
  11. 2008年11月18日、本校はWHO世界保健機関の国際セーフティーキャンパスの認証を獲得。大学としては世界で初めての認定であった。
  12. 本学は学術機関として世界で初めてISO20000情報サービスマネジメントシステムの国際認証を受けた。
  13. 2009年5月5日、本学は「第19回国家品質奨」を獲得した。
  14. 2009年、本学は教育部の「体育教育優秀賞」を受賞。高等教育機関としては唯一の受賞であった。
  15. 011年度「インターネット世界大学ランキング」において272位となった。アジアで33位、台湾で9位、私学では1位であった。台湾の私立大学としては初めて世界ランキングで300位以内となった。
  16. コンピューター技術応用世界大会(Worldwide Competition on Microsoft Office)において本学の学生たちが活躍してきている。2009年、Excel2007部門で優勝、2010年、Excel2003部門およびWord2003部門で優勝、2011年、PowerPoint2007部門で優勝、2012年、PowerPoint2007部門で優勝。
  17. 2011、2012、2013年の3回、「第20回中華民国企業環境保護賞」と「栄誉企業環境保護賞」を受賞。
  18. 2011年度高等教育機関評価において、本学は「自己評価」、「経営・管理」、「教育・学習環境」、「実績・社会への責任」、「持続的改善・質の保証メカニズム」の5項目すべてをパスした。
  19. 2013年9月、教育部「102年度友善キャンパス賞」を受賞。この賞を受賞した国内唯一の大学に。
  20. 本学の統計学科は2014年、栄誉ある英国QS世界大学ランキングにおいてトップ200校の中に選ばれました。

 

honor

honor

honor

国内における先駆け

  1. 台湾の私立大学のなかで最も創立が古く、また最もダイナミックに発展している高等教育機関である。
  2. 国内の大学で初めてとなる独立大学院を開設。また、東南アジア、日本、アメリカ、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、ロシアおよび中国大陸それぞれを対象とした地域研究科、教育と国防を結合させた管理科学研究科、国際情勢・総合外交戦略研究科の各専攻課程も台湾で初めての設置であった。
  3. 学生による授業評価制度を国内の大学で初めて導入。
  4. 国内他大学に率先して一般教養教育コア・カリキュラムを実施。
  5. 電話回線利用による履修登録および学費納入確認手続きを国内の大学で初めて実施。
  6. 視覚障害をもつ学生のためのコンピューターソフトウェアおよびハードウェアの独自研究開発に成功し、インターネットその他コンピューター機能の使用を可能に。
  7. 国内の大学で初めて在学中(3年次)単位認定留学を開始。
  8. 国内の大学で最初に「未来学」を開講。
  9. 国内私立大学のなかで国際化を最も積極的に推進。
  10. 国内他大学に先がけ「デジタルキャンパス教育サポートシステム網」を構築。
  11. 国内の大学で最初に課外活動を必須科目としてカリキュラムに導入。