TKU logo About TKU title ::: サイトマップ|校内統計|ホーム
slogan
back to TKU homepage

:::content

Facultad de Artes Liberales Picture-1
Facultad de Artes Liberales Picture-2
Facultad de Artes Liberales Picture-3

文学部

dean
学部長:林信成(Lin, Sinn-Cheng)

学科、研究科 学士課程 修士課程 博士課程 修士課程 (社会人コース)
中国文学学科 * * * *
歴史学科 *      
情報・図書館学科 * *   *
マスコミュニケーション学科 * *    
情報・メディア学科 * *    

本学最古の学部である文学部の最大の特色は、社会科学、人文・芸術科学両領域の専門学科を有し、異なる学問分野をダブルメジャーとして専門的に学ぶことができるところにあります。中国文学学科、歴史学科、情報・図書館学科、マスコミュニケーション学科、情報・メディア学科の5学科があり、漢学研究センターが併設されています。「東洋的洞察視点、グローバルな視点、国際的融合の模索、創造性追及」の理念の下、「創造的漢学研究、文化ツーリズム、出版イノベーション、オーディオ・ビジュアル・エンターテインメント、デジタルコンテンツ」といった特長ある質の高いコースを幅広く提供し、それらが本学院の競争力構築のコアになっています。カリキュラムも、知識の積み重ねだけではなく、卒業後に社会で実践的に生かせる力の習得を重視して構成されています。理論を学ぶなかで実践的方法論を見出し、実際の経験のなかから帰納的に理論を構築する能力の習得を念頭に、実社会でも学問上でも有益且つ多様な視野を身につけられるカリキュラムとなっているのです。学術研究の上では、「漢学研究センター」および「文化的クリエイティブ産業単位取得コース」の相互支援体制を充実させ、機動的に交流ができるようにしています。また、学科の枠を超えた講座の設置、学部・大学院における学際的研究の支援、人文・芸術分野、社会科学分野を有する学部の厚みなどを十二分に生かすことで、大いに刺激が得られる学術的気風を築いています。また、学外に向けては、各学科の専門領域の観点から社会の動きを積極的に掴むことで様々な課題を見い出し、文化、教育、流行発信、生活など各産業分野との協力促進による産学交流の枠組み構築にも力を入れています。「文化的価値のある山間の町、ロマンティックな水の都、生態系として貴重なエリアである河口または海岸部」を有するという淡水の地の利、環境を生かして提言を行ない、思想をリードし、文化的拠点としても学びの拠点としても重要な位置を占める存在となることを目指しているのです。

 

lab picture
activity picture-1
activity picture-2

理学部

dean
学部長:王伯昌(Wang, Bo-Cheng)

学科、研究科 学士課程 修士課程 博士課程 修士課程 (社会人コース)
数学学科 * * * *
物理学科 * * *  
化学学科 * * *  

本学は、国内で最も早く理学部を設置した大学の一つであり、40年を超える歴史のなか経験を積み重ね、最新ハイテクノロジー及び競争力を身につけた人材育成に積極的に取り組んでいます。教授陣はベテランから若手までバランスの取れた陣容を誇り、専門科目の教育・研究はもちろん、自然科学分野や世界的科学技術革命に関するカリキュラムの設計、その教材作成、授業担当等、全学対象とした一般教養コアカリキュラムにも積極的に関わっています。理論と実験を組み合わせた教育と研究を推進するなかで、学際的研究を進めている光電子、素材化学、生物化学を本学部の重点強化領域としています。理学部の特色をまとめると、以下のようになります。最新の教育・研究環境の完備、教育研究資源の充実・向上及びその統合、教員による研究成果の質及び量の充実、大学1年次を対象とした学科の枠を超えた教育推進、学部・大学院の活性化やカリキュラムの更なる充実、学生の外国語能力向上と国際感覚育成、学生募集業務の強化、学生の人生設計サポートおよび就職支援の充実などです。教育部の教育評価において本学の3学科はそれぞれ台湾大学、清華大学と並び「優」の評価を獲得しました。

 

engineering activity-1 engineering activity-1 engineering activity-2

工学部

dean
学部長:何啓東(Ho,Chii-dong)

学科、研究科 学士課程 修士課程 博士課程 修士課程 (社会人コース)
建築学科 * *    
土木工学学科 * * *  
水資源・環境工学学科 * * *  
機械・電気工学学科 * * *  
化学工学・材料工学学科 * * *  
電機工学学科 * * * *
情報工学学科 * * * *
航空宇宙工学学科 * *    

本学院は、国家の発展に大きく寄与する優秀なエンジニアを育てる場として50年を超える歴史を重ね、大きく成長してきました。8学科10研究科すべてが「エンジニア・科学技術教育プログラム」の認証を受けており、学生の就職競争力向上につながっています。また、アメリカの科学情報研究所の基本科学指標(ESI)では、本学部は世界の高等教育機関工学部ランキングの上位1パーセント以内にランキングされています。最新の器具、機械設備の設置はもちろん、マルチメディア教育専用教室、CAE(コンピューター支援エンジニアリング)実験室、70の工学実験室を有しており、これらすべてに管理・補修専従者を配するなどして各学科・研究科の実験教育および研究、学生たちの学習・実習に対する支援にも万全を期しております。現在、カリキュラム改革、英語による授業の推進、研究・学術水準向上、国際的学術交流に力を入れているほか、中国との学術交流・協力の進展にも積極的に取り組んでいます。今後、教育、研究においてさらなる成果を持続的に積み上げていくことを目標としています。

 

Facultad de Economía y Empresariales
activity picture-1
activity picture-2
activity picture-3

商管学部

dean
学部長:邱建良(Chiu, Chien-liang)

学科、研究科 学士課程 修士課程 博士課程 修士課程 (社会人コース)
国際企業学科 * *   *
財務金融学科 * * * *
保険学科 * *   *
産業経済学科 * * *  
経済学科 * *    
企業管理学科 * *   *
会計学科 * *   *
統計学科 * *    
情報管理学科 * *   *
運輸管理学科 * *    
公共行政学科 * *   *
管理科学学科 * * * *

商学部と管理科学学部が2012年に合併して発足した学部で、国際感覚を身につけ、現代ビジネス、管理科学を修得した人材の育成を目標にしています。また、社会人を対象にした修士課程、ACCSB認証事務課等を併設しており、この分野で国内最大規模を誇る学部です。各学科とも、産業界で幅広く活躍できる人材の育成を図るべく、マクロ経済、ビジネス環境、金融政策等について広い視野を身につけ、社会に出て活躍する上でも進学する上でも必要な基礎をしっかりと固められるようにと教育体制を整えています。卒業生たちは理論と実務能力を兼ね備えていると企業から高い評価を受けています。また、本学部には国内外で二つの学位を取得できる「ダブルディグリー」制度があり、海外の姉妹校と学位取得に関する提携を結んでいます。そのほか、本学出版の学術誌『International Journal of Information and Management Sciences』はEIおよびTSSCIに収録されており、本学部の学術研究レベルの高さを証明しているといえるでしょう。今後さらに積極的に国際的学術交流を進め、英語での授業も強化し、大学3年次の海外姉妹校への留学制度も充実させることで学生たちの国際感覚を磨き、アジア地区において教育でも研究でも重要な位置を占める学部となることを目指しています。

 

Activity Pictures Activity Pictures-1 Activity Pictures-2

外国語文学科

dean
学部長:吳錫德(Wu, Hsi-deh)

学科、研究科 学士課程 修士課程 博士課程 修士課程 (社会人コース)
英語学科 * * *  
日本語学科 * *   *
イスパニア語学科 * *    
フランス語学科 * *    
ドイツ語学科 *      
ロシア語学科 *      

1992年設立の本学部は、語学訓練、文学、翻訳・通訳、応用文等の授業の充実をカリキュラムの特色としており、翻訳・通訳、貿易、外交、文学、文化研究等各方面で活躍できる人材の育成を図っています。また、本学部生以外を対象とした翻訳・通訳、外国語文学のクラスも開設しています。その他、外国語教育創意工夫ラウンジの設置、外国語学習サイトの管理運営、外国語学習特区や通訳教室の運営も積極的に行ない、学生たちの「聞く、話す、読む、書く、訳す」の5技能の能力向上に努めています。現在、英語、イスパニア語、フランス語、ドイツ語、日本語、ロシア語6学科すべてが姉妹校への大学3年次1年留学を実施しています。また、本学国際研究学部との協力の下、国際地域研究コースを設置し、学生たちが国際政治や経済、文化等海外事情についても積極的に学べる環境を整えています。産業界の動向が把握できるよう、各学科が実務を学べるコース設計を立てておりますし、業界の各機関・団体などと連携を図りながら実習の機会も設けています。今後、有能な語学教育専門家の増員を図るとともに、ハード・ソフト両面、教育方法についても改善を進め、外国語教育を一層充実させていきます。国際シンポジウム、中国の著名外国語大学とのシンポジウムを定期的に開催し、教育、研究における協力と交流を広く進め、語学、文学、文化研究の専門家を育成して参ります。

 

Activity Pictures-1
Activity Pictures-2
Activity Pictures-3

国際研究学部

dean
学部長:王高成(Wang, Kao-cheng)

学科、研究科 学士課程 修士課程 博士課程 修士課程 (社会人コース)
大学院ヨーロッパ研究科   * *  
大学院アメリカ研究科   * *  
大学院国際事情・戦略研究科   * * *
大学院アジア研究科   *   *
大学院中国大陸研究科   *   *
大学院台湾アジア太平洋研究科(全英語コース)   *    

本学院は1992年、政治、経済、社会、文化等の学術的地域研究を行える人材及び国際実務に関して専門性を有する人材の養成を目的に設立されました。また、全学部14学科の一般教養カリキュラムにおける「各国の文化、政治、社会、経済」等に関する授業も本学院が担当しています。現在、外国籍教員8名を含む専任教員40名が在籍しており、外国地域研究の分野おいて国内で最も充実した大学院コースと言えるでしょう。本学院は世界の民主化、平和と繁栄に資することを使命と考え、それぞれに特色がある5研究科は、研究者の陣容とその研究成果で国内外から高い評価を受けています。2014年には「国際研究学院台湾アジア太平洋研究科全英語修士課程」が開設され、同研究科の研究趣旨に関心を持つ学生に対して教育を行っています。アメリカのAmerican University国際関係学部、日本の早稲田大学政治経済学部、同志社大学、北京大学国際関係学部および上海国際問題研究所など海外研究機関との従来からの協力関係を強化し、研究成果の促進に繋げていくことを今後の重点強化ポイントとしています。その他、季刊の英文紀要《淡江国際研究》(Tamkang Journal of International Affairs)、年2回刊の中国語紀要《淡江国際と区域研究》の質向上に努めています。

 

Activity Pictures-1 Activity Pictures-2 Activity Pictures-3

教育学部

dean
学部長:張鈿富(Chang, Dian-fu)

学科、研究科 学士課程 修士課程 博士課程 修士課程 (社会人コース)
教育科学技術学科 * *   *
教育政策・指導者研究科   *   *
教育心理・カウンセリング研究科   *   *
カリキュラム・教育法研究科   *   *
未来学研究科   *    
教育指導者・科学技術管理研究博士課程     *  

2000年に設立された本学部は、未来志向型教育及び進歩的プログラムの提供、教育理論の融合と実践による新たな知識の伝達・創造を目標としています。台湾の歴史、風土に沿った本土化教育モデル、国際化教育モデルそれぞれに応じた教育のあり方を追求し、研究成果を出していくことで、教育行政機関の実務や小学校教育・中学校教育への貢献を目指しています。本学の教育的、学術的人的資源の総合力を生かし、教育関連の課題の検討と実験を進め、本学また種々教育関係機関に対して、教育の質や経営について情報提供できるシンクタンクとなるとともに、初等教育、中等教育等教育機関および教育関連機関との間に協力関係を築くことで、総合的な教育力向上に貢献しています。これからも「誠意」、「堅実さ」、「独創性」に価値を求め、高い専門性に裏付けされた名声の獲得、より良き学風の構築、専門的サービス機能の発揮、学校の枠を超えた国際的協力関係の発展が願いなのです。

 

Activity Pictures-1 Activity Pictures-2

グローバル発展学部

dean
学部長:劉艾華(Liou,Ay-hwa)

学科、研究科 学士課程 修士課程 博士課程 修士課程 (社会人コース)
情報イノベーション・科学技術学科 *      
国際観光管理学科 *      
英米言語文化学科(全英語プログラム) *      
グローバル政治経済学科(全英語プログラム) *      

広く世界の動きを把握し、国際的視野でものごとを分析・判断できる人材の育成が本学部の使命であります。こうした高等教育の新たな方向性を模索すると同時に、校訓「樸実剛毅」の下、幅広く柔軟に対応できる人材の育成を目指しています。めまぐるしく変化する世界では熾烈な競争が続いていますが、今必要とされるのは、あらゆる領域でグローバルな視点を持ち、創造性と的確な判断力を持って変化に対応できる人材です。本学部の学生は、専門的知識に加え、国際的業務をこなす上で必要なコミュニケーション能力、事務処理能力、新しい事業分野を開拓する基本的素養・実力などを身につけた上で、発展著しい21世紀の科学技術環境における活躍と、国や社会に対する大いなる貢献が期待されているのです。このような認識の下、本学部では、学生たちが世界市場の中で起業家として成功するために必要となる専門的情報や知識が得られるように、海外交換留学の推進、企業訪問と実習の実施、オープンでインタラクティブな授業環境の構築、より有効な教授法による教育の質向上など、様々な取り組みを続けています。各学科とも全ての授業が英語で行なわれています。また、学生たちが世界を肌で感じ、海外で経験を重ねることで、広い視野から勉学が進められるようにと、3年次における1年間の海外留学を必須にしています。