ユニバーシアード2017重量挙げ世界記録の淡江体育館

Post Date: 2017/10/1
8月21日夕方、台湾の重量挙げ女性アスリート郭婞淳選手が本校紹謨記念体育館で女子58キロ級で金メダルを獲得し、競技の記録はユニバーシアードの世界記録ばかりでなく、同種目の世界記録を更新した。8月23日、本校は郭婞淳選手と林敬能コーチを招いて手形をとり、体育館に記念として飾ることになった。張家宜学長から記念品を贈呈して健闘を讃え、郭婞淳選手は記念のユニフォームを答礼した。
 張学長は「淡江では2006年に紹謨記念体育館を建設してから、体育活動の推進に努力してきた。今回、ユニバーシアード重量挙げに協贊できたことは大きな光栄で、世界標準に合った施設と運動環境を提供し、体育処と総務処の職員は多くの労力とリソースを投入している。郭婞淳選手が淡江で好成績をあげ、また世界に台湾の努力を示したことに感謝する」と謝辞を述べた。
 会の中で、林敬能コーチは淡江を「金メダル重量挙げ館」だと讃え、本校が良好な施設を提供していることに感謝した。郭婞淳選手は「淡江大学で世界記録を破り、メダルを台湾に残せたことは非常にうれしい。今回の記録で台湾人の関心をさらに集めることができると信じている。今年初めにテスト競技に参加したとき、自分のコンディションは非常によかった。チャンスに恵まれてここで金メダルを獲得できた。今日は手形セレモニーに出席し、歴史を残せたことはとてもうれしい」と喜びを語った。
 大会のボランティアをした土木学科3年林淯詳さんは「自分がよく知っているキャンパスでボランティが出来たことはラッキーだった。重量挙げの規則が分かるにつれ、選手とコーチの皆さんの努力を見ていて、郭婞淳選手と洪萬庭選手のすばらしい試合に立ち会えたことにはとても感動した。皆さんが心を合わせて誇りと栄光を手にできた」と述べた。
picture of the hot news
back