企業が最も愛する大学調査で私立第1位─1111人材バンク:淡江はリーダーの指標

Post Date: 2015/10/1
1111人材バンクは6月26日に「2015年企業が最も愛する大学調査」の結果を公表し、1,152社の企業人事管理責任者の回答の中で、本校はまた最も愛する私立大学のトップとなり、公立一般大学では成功大学が1位に出て、続いて台湾大学と交通大学が選ばれた。
1111広報李大華総責任者はさらに分析を進めて、「全台湾で第一の私立大学は淡江大学で、規模と歴史を持ち、長期にわたる国際化を進め、情報化と未来化を発展させた。また、初めて国際研究学部を設け、大学三学生の海外研習などの特色があり、私立大学発展のリーダー的指標になっている」と評価した。1111人材バンクは企業の大学卒新入社員の受容度と学科の評価のために、5月26日から6月14日まで人事採用担当の企業責任者に抽出調査を実施して、1,152部の有効回答を得て、企業が求める理想の大学卒業生を決めた。調査では、企業が新入社員を採用する六項目の観点指標の中で、淡江大学は「チームと協力能力」で第二位となり、本校が実施してきた教育特色である、人格育成と個性啓発が考慮されたと言える。
back