卒業生 こころをひとつに66周年創立記念を祝福

Post Date: 2016/11/1
66周年創立記念を迎え、祝賀活動準備委員会渉外宣伝課と『天下雑誌』は、10月15日14時から16時に誠品信義店6F視聴室で「リーダー人材フラッシュ」活動を開催し、本校水利工学科(現在の水力環境保護学科)卒業生で台湾マイクロソフト代表取締役邵光華氏、英語文学科卒業生Yahoo奇摩会長代表取締役王興氏、電子学科(現在の電機学科)卒業生広達集団雲達科技代表取締役楊晴華氏の3名を講演者に招き、張家宜学長がオープニングの挨拶を務めた。会中であh本校の傑出した卒業生たちが、共同で台湾人才の底力と、ソフトパワーについて討議し、将来の人材について思いをめぐらせた。
ゴルフ・コンペで卒業生と交流
本校卒業生会連合総会は66周年創立記念祝賀として、卒業生サービス・発展リソース部、対育事務所が共同で「2016学科対抗カップ・ゴルフコンペ」を9月24日に大渓ゴルフ場で開催し、張家宜学長と、本校卒業生会連合総会林健祥会長等が出席し、150名の教職員および卒業生が共に組んで、ゴルフに興じた。卒業生サービス・発展リソース部彭春陽事務局長は、「卒業生の皆さんの積極的な参加に感謝します。卒業生の交流を深めるばかりではなく、同時に運動によって健康増進の効果もあり、スポーツの楽しみもひとしおです」と述べた。最後に、体育教育科王誼邦副教授が総合優勝し、ハンディキャップ優勝は蕭淑芬体育長、団体優勝は化学素材学科卒業生会となった。
張正傑チェロ独奏会19日に開催
66周年創立記念祝賀のため、文錙芸術センターは10月19日に「淡江室内楽礼賛(一):張正傑チェロ独奏会「極端な対位」を開催した。国立海洋大学芸文センター張正傑主任を招き、本校教養教育認定センター李珮瑜教授も出演して、チェロとピアノの音楽の饗宴がおこなわれた。文錙センター壽華民職員は「活動では歴史的背景の異なるクラッシック作曲家をアレンジし、異なる人生の境遇での、音楽の多様なスタイルを表現するようにした」と語った。
back