鶏年を迎え淡江は第五波へ

Post Date: 2017/2/1
「鶏年は輝かしい淡江の第五波を告げ、赤い鳳凰が躍動して新たなチャンスをもたらす!」年末の仕事納めのとき、学長室はこうした年賀状を全校教職員に送り、新年を祝福した。
 年賀状は心を込めて金と紅の配色を選び、鶏年の要素を取り入れて新春の喜びの雰囲気を出し、さらに本校が「三環境」(専門、教養、課外活動)、「五育」(徳、智、体、集団、審美)を努力して実践することを巧みにデザインしている。
 張家宜学長、葛煥昭学術副学長、胡宜仁行政副学長、戴万欽国際事務副学長が共に「全校教職員の皆さまの過去一年の、努力と産み出した成果に感謝いたします。共に手を取り、心を一つにして、2017年の縁起のよい鶏年を迎えることを祈念いたします。新年のお慶びと、皆さまのご発展、ご幸運、ご健勝を念じ申し上げます!May God bring you health, happiness , harmony and prosperity!」と祝福の言葉を述べている。
交流忘年会1月19日に開催
 「105年度交流忘年会」は1月19日午後1時30分から学生活動センターで行なわれ、今回は情報処が演目と活動内容を企画した。デジタル設計課李淑華課長は「今回の内容は多元的形式の出し物で、皆さまの目を惹きたい」と抱負を語った。
 この他、会では「104学年度教師専題研究計画経費500万元以上成績優秀賞」、「104学年度教師評価傑出賞」、「104学年度教育優秀教師賞」、「105年度ベテラン職員勤務賞」および「104学年度優良アシスタント及び優良職員賞」が授与された。現場には多くの賞品が準備され、福引き抽選活動が行なわれ、多彩な内容が行なわれた。
back